Outlook2016/2019 の設定

Outlookは標準機能でShibboleth認証が利用できませんので非推奨です。Windows10メールなど他のソフトの利用をご検討ください。

※Google社が、GSSMOというOutlook でShibboleth認証を行うことができるソフトを公開していますが、情報環境機構では本ソフトのサポートはいたしませんので、ご注意ください。

上記の条件を認識されたうえで、Outlookを利用される場合は、下記手順に従ってご利用ください。

※Outlookは複数アカウントを作成できます。すでに旧KUMailでご利用されている場合は、必ず別アカウントを作成して新KUMailをご利用ください。既存の設定を変更すると不具合が発生する可能性があります。

※以下の画面は、Windows10、Outlook2019のものです。

(手順1)Gmailの設定

1. 「安全性の低いアプリからのアカウントへのアクセスを許可する」 (Gmail ヘルプ) というページの「方法2」 を参考に、「安全性の低いアプリ」からのアクセスを有効にします。

※上記の設定を事前に行っておかないと、以降の設定が正常に進みません。

※「安全性の低いアプリ」を「有効」にしても、一定期間の利用がない場合は自動的に「無効」になりますのでご注意ください。

2. Gmailにて、メールソフトからのアクセスを許可する設定を行います。

2-1. Gmailにログインし、右上の「設定(歯車)」アイコン をクリックします。

2-2. [設定] をクリックします。

2-3. [メール転送と POP/IMAP] タブをクリックします。

2-4. [IMAP アクセス] の [IMAP を有効にする] をクリックします。

2-5. ページ下部にある [変更を保存] をクリックします。


※POPでご利用の場合は、2-4. の手順を以下の通りにしてください。

2-4. [POP ダウンロード] で、[すべてのメールで POP を有効にする] または [今後受信するメールで POP を有効にする] を選択します。


3. 初めてOutlookをご利用の場合は

「(手順2-a)初めてOutlookにアカウントを設定する場合」

すでに旧メールをOutlookで利用していて新メールでも利用する場合は、

「(手順2-b)旧KUmailでOutlookを利用していた場合」

にお進みください。

(手順2-a)初めてOutlookにアカウントを設定する場合

すでに旧メールをOutlookで利用している場合はこの手順はご利用いただけません。

後述の「(手順2)旧KUmailでOutlookを利用していた場合」へお進みください。

1. Outlookを立ち上げると「Outlookへようこそ」画面が表示されます。

あなたの教職員メールアドレス( 〜@kyoto-u.ac.jp)を入力し、「接続」ボタンを押してください。


2. 右図の画面が出ましたらしばらくお待ち下さい。


3. 「Google」を選択してください。

4. IMAPアカウントの設定画面で、以下のように設定してください。

受信メール

サーバー: imap.gmail.com

ポート: 993

暗号化方法: SSL/TLS

セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に対応: チェックあり

送信メール

サーバー: smtp.gmail.com

ポート: 465

暗号化方法: SSL/TLS

セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に対応: チェックあり


5. 右図の画面で、パスワードを入力しますが、ここでは「Gmail のローカルパスワード(※)」を入力してください。

※「Gmail のローカルパスワード」を確認する方法は、

(学内限定)教職員グループウェアマニュアル > 「マニュアル_02_ポータルへのログイン」 > 「2.3. ローカルパスワードの確認方法」を参照くださ い。


6. 右図の画面が出ましたらしばらくお待ち下さい。


7. 右図のような「アカウントのセットアップが完了しました」画面が表示されましたら、

「Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する」のチェックを外して、「OK」を押してください。

以上で、Outlookの設定は完了です。

(手順2-b)旧KUmailでOutlookを利用していた場合

※すでに旧KUMailでご利用されている場合は、メールソフト上で必ず別アカウントを作成して新KUMailをご利用ください。既存の設定を変更すると不具合が発生する可能性があります。

※Outlookの画面からは同一メールアドレスを複数設定できませんので、以下の手順に従って設定してください。


1. 「スタート」をクリックし、表示されたアプリの一覧の「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックします。

2. 表示された一覧から「コントロールパネル」をクリックします。

3.「コントロールパネル」>「ユーザアカウント」>「Mail(Microsoft Outlook 2016)」と辿ってください。

※Outlook 2019をお使いでも「2016」と表示されます。

4.「電子メールアカウント」をクリックしてください。

5. 「新規」をクリックしてください。

6. 「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」にチェックを入れて、「次へ」をクリックしてください。

7. 「POPまたはIMAP」にチェックを入れて「次へ」をクリックしてください。

8. 「POP と IMAPのアカウント設定」画面で以下の設定を入力してください。

[ユーザー情報]

名前: 任意の名前

電子メールアドレス: あなたの教職員メールアドレス(〜@kyoto-u.ac.jp)

[サーバ情報]

アカウントの種類: IMAP (POPの場合は、「POP」を選択してください。)

受信メール サーバー: imap.gmail.com (POPの場合は、「pop.gmail.com」と入力してください)

送信メール サーバー(SMTP): smtp.gmail.com

[メールサーバーへのログオン情報]

アカウント名: あなたの教職員メールアドレス(〜@kyoto-u.ac.jp)

パスワード: 「Gmail のローカルパスワード(※)」

※「Gmail のローカルパスワード」を確認する方法は、

(学内限定)教職員グループウェアマニュアル > 「マニュアル_02_ポータルへのログイン」 > 「2.3. ローカルパスワードの確認方法」を参照くださ い。

[メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に対応している場合には〜]: チェックあり


上記情報を入力したら「詳細設定」をクリックしてください。

9. 「全般」タブで「このアカウントを表す名前を入力してください」の直下にある入力欄に、任意の名前をつけます。


※教職員メールアドレスだけでは旧メールの設定と重複するため入力エラーになります。何か旧メールとは区別する文字を付加してください。

例:

Gmail(XXX.XXX.XX@kyoto-u.ac.jp

新KUMail(XXX.XXX.XX@kyoto-u.ac.jp

9. 「送信サーバー」タブをクリックし、

「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」

「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」

にチェックを入れてください。


10. 「詳細設定」タブをクリックし、以下の情報を入力してください。

受信サーバー(IMAP): 993

(「受信サーバー(POP)」の場合は 995)

使用する暗号化接続の種類: SSL/TLS

送信サーバー(SMTP): 465

使用する暗号化接続の種類: SSL/TLS


11. 「OK」をクリックしてください。

12. 右図のように「完了」と表示されたら「閉じる」をクリックしてください。

※エラーが出る場合は入力内容を見直してください。

13. 右図の画面で「Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する」のチェックを外して、「完了」を押してください。

14. 今回追加した新KUMailのアカウントを選択して「規定に設定」をクリックしてください。

15. 「閉じる」を押して画面を閉じてください。

以上で、Outlookの設定は完了です。

<参考> 2段階認証プロセスについて

G Suiteのアカウント設定に「2段階認証プロセス」という設定があります。

2段階認証を利用する場合は「安全性の低いアプリ」を有効にする必要はありません。また、アプリ専用のパスワードを発行することが可能です。

ただし、この設定を有効にされた場合は、以下の点にご注意ください。

  • 2段階認証の設定にはスマートフォン等が必要になります。
  • アプリパスワードというアプリ専用のパスワードを発行して、IMAPやSMTPを設定することが出来ます。アプリパスワードは紛失しても何度でも再発行が可能です。
  • G Suiteのローカルパスワードによる認証は利用できません。すでにローカルパスワードを設定済みの場合は、再設定が必要になります。
  • 本学のG Suiteへの認証は基本的にShibboleth認証となります。Shibboleth認証の場合は、2段階認証とはなりません。

なお、「2段階認証プロセス」の有効・無効の設定は、反映までに24時間程度かかる可能性があります。

設定変更直後は、正常に動作しないことがありますので、その場合は、しばらく待ってからお試しください。

以下のオンラインヘルプをご覧ください。

アプリ パスワードでログイン (Gmailヘルプ)

2 段階認証プロセスを有効にする (Googleアカウント lヘルプ)