メールソフトの利用方法

※新KUMail(Gmail)はWebメール(ブラウザ環境)でのご利用を推奨します。

    • Gmailの検索機能によりメールを非常に高速に検索することができます。
    • 複数のパソコンをご利用の場合も同じ環境でメールが利用できます。また、部署異動の際にも容易に環境を引き継ぐことができます。
    • メールソフトは自己責任でご利用ください。
    • Webメール以外でのメールのご利用に関しては、情報環境機構では基本的にサポートいたしかねますので、ご了承願います。

新KUMailでメールソフトをご利用の場合は、IMAP接続とShibboleth認証(SPS-IDによる認証)対応ソフトの利用を推奨します。

※上記ソフトはいずれも複数アカウントを作成できます。すでに旧KUMailでご利用されている場合は、必ず別アカウントを作成して新KUMailをご利用ください。既存の設定を変更すると不具合が発生する可能性があります。

※差出人(From)アドレスを2次グループアドレスや部局メールアドレスなどに変更する場合は、あらかじめGmail上での設定が必要です。「(補足)複数の差出人アドレスを設定する方法」をご確認ください。

※メールの振り分け設定は、Webメールで行うことをおすすめします。参考: メールの自動振り分け設定

なお、下記ソフトは、Shibboleth認証が標準機能で利用できませんが、以下の設定情報でご利用いただけます。

また、上記以外のソフトでIMAPをする際は以下の情報を参照してください。

【学内限定】IMAP・SMTPの設定情報


また、POP接続は、Shibboleth認証が利用できませんが、以下の設定情報でご利用いただけます。

<注意事項>

※IMAP接続、POP接続は右図の通り、利用制限があります。

これを超えるとアカウントがロックされる可能性がありますのでご注意ください。

参考ページ

POP と IMAP の帯域幅に関する制限事項 [ https://support.google.com/a/answer/1071518?hl=ja ]