メール送受信環境の設定

本ページの対象者

  • Webメールをご利用中の方
  • これまでメールソフトを使っていたが、今後はWebメールを利用される方

下記手順に従って、新KUMail(Gmail)のWebメールを利用する上での基本的な設定を行ってください。

手順1. メール通知、表示件数、スレッド表示、署名を設定する

手順2. 差出人名を設定する

手順3. テキストメールに変更する

手順4. 迷惑メールを確認する

※差出人アドレスをKUMail(xxx@kyoto-u.ac.jp)以外のアドレスにしたい場合は、「複数の差出人アドレスを設定する方法」もあわせてご覧ください。

※一般的なメールソフトのように、一覧画面と詳細画面を並べて表示したい場合は、「プレビューパネルを表示する」もあわせてご覧ください。

手順1. メール通知、表示件数、スレッド表示、署名を設定する

1. 新KUMail(Gmail)にログインしてください。続いて、画面右上の歯車ボタンから「設定」をクリックします。

2. 新着メールがあることをデスクトップで通知したいときは、「デスクトップ通知」で、「メール通知(新規メール)ON」にチェックを入れてください。

通知が不要な場合は、「メール通知 OFF」を設定してください。

3. 「表示件数」で、1ページに表示する件数を設定してください。

4. メール一覧画面で、スレッド表示(受信トレイでメールをグループ化して表示)する場合は、「スレッド表示 ON」にチェックを入れてください。

個々の返信を受信トレイで個別に表示する場合は、「スレッド表示OFF」にチェックを入れてください。

5. 「署名」でメール作成時の署名を作成してください。

①差出人名の左横にあるラジオボタンをクリックする。

②テキストエリアに署名を入力する

※複数の差出人を設定しており、それぞれの署名を設定したい場合は、差出人名を変更してから①②の作業を実施してください。


6. ページの最下部にある「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

手順2. 差出人名を設定する

新KUMail(Gmail)上での差出人名は、初期設定では全学LDAPの情報が設定されています。

差出人名を変更される場合は、下記手順に従って設定してください。

1. 新KUMail(Gmail)にログインしてください。続いて、画面右上の歯車ボタンから「設定」をクリックします。

2. 「アカウント」(タブ)をクリックしてください。

3 「名前 」>「情報を編集」をクリックしてください。

4.「メールアドレスの編集」画面の「名前」欄で表示されている名前が差出人名になります。

変更する場合は、テキストボックスの左横のチェックボックスをクリックし、テキストボックスに差出人名を入力してください。

※設定した「名前」はGmailアプリでのみ有効です。

5. 編集が完了しましたら、「変更を保存」をクリックしてください。

手順3. 送信メールをテキスト形式に設定する

新KUMail(Gmail)では、送信メールが初期設定でHTML形式 となっています。下記手順に従って、テキスト形式に変更してください。

1. 新KUMail(Gmail)にログインしてください。続いて、画面左上の「作成」をクリックします。

2. 新規メッセージウインドウの右下にある「︙」をクリックしてください。

3. 「プレーンテキストモード」をクリックして、「✓」を入れてください。

4. 新規メッセージ画面の右上にある「☓」をクリックしてください。

※次回メール作成時は、初期設定でテキスト形式となります。

手順4. 迷惑メールを確認する

新教職員メール(Gmail)には、迷惑メールを自動判定する機能がございます。

※5月19日より、Gmail独自のスパム判断基準になります。迷惑メールフォルダをこまめにご確認いただくようお願いいたします。

詳しくは以下をご覧ください。

迷惑メールの確認方法

以上で、「4. メール送受信環境の設定」の作業は終了です。

ホームへ戻って次の作業に進んでください。

(補足資料)

※差出人アドレスを2次グループや部局メールなどにしたい場合は、「複数の差出人アドレスを設定する方法」をご確認ください。

※一般的なメールソフトのように、一覧画面と詳細画面を並べて表示したい場合は、「プレビューパネルを表示する」をご確認ください。