Windows10 メールの設定

本ページの対象者

Windows10 メール(*)をご利用の方

[*] Windows10 に標準でインストールされているメールソフト

Windows10 メールを利用される場合は、下記の手順に従って作業してください。

<注意事項>

PCセットアップ時にプライバシーの設定がOFFになっていると作業に失敗しますので、まずは下記設定をご確認ください。

Windows10 スタートメニュー > 設定(歯車アイコン)> プライバシー>メール の順に辿って、下記設定をオンにしてください。

  • 「アプリが電子メールにアクセスできようにする」をオン
  • 「電子メールにアクセスできるアプリを選ぶ」で「メール/カレンダー」をオン

また、Windows10メールで予定表を利用する場合は、下記設定変更も必要です。

設定>プライバシー>カレンダーで下記をオンにします。

・「アプリがカレンダーにアクセスできようにする」をオン

・「カレンダにアクセスできるアプリを選ぶ」で「メール/カレンダー」をオン

1.「 スタートメニュー」>「メール」をクリックして、Windows 10 メールを開きます。

2. 初めてWindwos 10 メールを利用する場合は、「アカウント」を追加をクリックしてください。

すでにWindwos 10 メールを旧KUMailで利用中の場合は、右図のとおり「アカウント」をクリックし、右画面の「+アカウントを追加」をクリックしてください。

※Windows 10メールは複数アカウントを作成できます。すでに旧KUMailでご利用されている場合は、必ず別アカウントを作成して新KUMailをご利用ください。既存の設定を変更すると不具合が発生する可能性があります。

3. アカウントの追加画面で「Google」を選択してください。

4. メールアドレス欄にKUMailのアドレスを入力し、「次へ」をクリックしてください。

5. 「京都大学統合認証システム」のログイン画面が表示されるので、SPS-IDとパスワードを入力して、「ログイン」ボタンをクリックしてください。

6. 「メール」アプリからGoogleサービスへのアクセス許可を求める画面が表示されるので、ここで[許可]ボタンをクリックしてください。

7. Gmailでメッセージを送信する際に表示される名前を入力し、「サインイン」をクリックしてください。

8. 右図の画面が表示されたら設定完了です。「完了」をクリックしてください。

以上で、Windows10メールに新KUMail(Gmail)のアカウントが登録されます。

※初回はメールリストの取得に時間がかかる場合があります。ソフトを閉じずにそのままお待ちください。

※メールソフトで差出人メールアドレスをKUMail以外に変更して送信する場合は、あらかじめGmail上での設定が必要です。「(補足)複数の差出人アドレスを設定する方法」をご確認ください。