(補足d)複数の差出人アドレスを設定する方法

本ページの対象者

  • 差出人アドレスを教職員メール以外から送信される方

※メールソフトで送信される場合もこの手順は必要です。

差出人(From)アドレスを2次グループアドレスや部局メールアドレスなどに変更する手順を紹介します。

<注意事項>

※差出人を変更すると、受信者のメールサーバによっては「なりすまし」と判断される場合があります。

※部局メールサーバ管理者、ドメイン管理者の方は「なりすまし」と判断されないようSPFの設定をご検討ください。以下のページでGmail利用のための推奨設定もご案内しております。

参考: 「【学内限定】部局メールのなりすまし防止とGmailなどの受取拒否への対応について」

1. 新KUMail(Gmail)にログインしてください。続いて、画面右上の歯車ボタンから「設定」をクリックしてください。

2. 「アカウント」(タブ)をクリックしてください。

3. [名前] >「他のメールアドレスを追加」をクリックしてください。

4. 「自分のメールアドレスを追加」画面が表示されます。5. 名前、メールアドレスを入力してください。

例: 2次グループの場合

名前: ○○掛

メールアドレス: xxx@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

6. 「次のステップ」を押してください。

5. ご自分で設定したメールアドレスの所有者であることを確認するため、確認メールを送信する必要があります。

※設定したアドレスが2次グループxxx@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)の場合は、「6-a」へお進みください。

※設定したアドレスが、2次グループ以外(部局メール[例: xxx@bukyoku.kyoto-u.ac.jp]、プロバイダのメールやYahoo、Outlook.com)の場合は、「6-b」へお進みください。

6-a. 設定したアドレスが2次グループ(xxx@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)の場合は、右の画面が表示されます。「確認メールの送信」を押すと、2次グループ宛にメールが送信されます。

※2次グループのメンバー全員に確認メールが届きます。迷惑メールとならぬよう、2次グループのメンバーに事前にお知らせください。

6-b. 部局メール(例: xxx@bukyoku.kyoto-u.ac.jp)、プロバイダのメールやYahoo、Outlook.comなどを利用の場合は、右の画面が表示されます。各メールサービスで指定されている送信サーバを指定してください。

※旧KUMailの送信サーバ mail.iimc.kyoto-u.ac.jp は旧KUMail終了後(5月19日以降)は利用できなくなりすので、指定しないでください。

※部局で学外からアクセスできるメール送信サーバをお持ちの場合は、サーバの管理者に送信サーバへの接続情報をお尋ねいただき、設定してください。

※部局で学外からアクセスできる送信サーバがない場合は、下記ページに記載の "G Suiteのパスワード認証" の設定値を設定してください。

[学内限定 ] IMAP・SMTPの設定情報 (情報環境機構 サイト)


7. 設定したいアドレスに、下記の件名の確認メールが送信されます。

「京都大学 からのご確認 - {設定したアドレス} を差出人としてメールを送信します」

8. 確認メールに記載されている「確認コード」を入力して、「確認」をクリックしてください。

9. 再度「アカウント」設定画面に戻ります。追加されたアドレスをデフォルトでご利用になりたい場合、対象アカウントの右側にある"デフォルトを設定"をクリックしてください。